げんまけんたろうの視点「一隅を照らす」

2015年08月号 vol.7

政界再編へ向かうのか

2015年08月31日 17:27 by gemmakentaro

今回の騒動を受け、今日8月31日には早くも松野代表と岡田民主党代表の会談が行われました

来夏の参議院選挙に向け、今国会終了後に枠組みを設けることを申し合わせた、とのこと。

 

今一強多弱と言われている現状は、日本の民主政治にとって必ずしも望ましくなく、

私自身これまでも野党再編の必要性を訴えてまいりました。

やはり、「政権を担える野党」が日本の政治には必要です。

 

これを模索するための政界再編は歓迎すべきですが、これもそう単純に物事が進むわけでもありません。

どうしても自分たちが中心でないと嫌だ、あいつらとは組みたくない、

そういった政治家のエゴが出始めればまとまるものもまとまりません。

 

私が今でも望む野党再編・政界再編の姿は、「中央集権の打破」と「既得権の打破」、そして外交安全保障については「イデオロギーを超えて現実主義的対応」の3点を共有する再編です。

単なる数合わせをするのではなく、目指すべきものをしっかり掲げない限り、いくら体裁を変えても国民にはすぐに見透かされてしまうともいます。

 


関連記事

政党ではなく、政治家を選ぶ政治に。

2017年06月号 vol.26

国民に選択肢を!

2017年06月号 vol.26

森友学園問題のあらまし。なにが問題なのか

2017年02月号 vol.23

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年06月号 vol.26

カバータイトルの「私がやります!」は私の新たなキャッチコピーです。 実は、...

2017年05月号 vol.25

強行採決で衆議院を通過した「組織犯罪処罰法改正案」。 加計学園問題に新たな...

2017年03月号 vol.24

全国ほぼどこの地域でもビールの売上は7月8月が多いのに、浜松だけは4月が最...