げんまけんたろうの視点「一隅を照らす」

2017年02月号 vol.23

森友学園問題のあらまし。なにが問題なのか

2017年02月28日 17:08 by gemmakentaro

国会の審議でも連日追求されているこの森友学園問題。学校法人森友学園が今年4月に開校を目指している「瑞穂の國記念小學院」という小学校の建設地をめぐる問題です。

 

この問題は次から次へと疑念と疑惑が生まれてきますので、論点がついいろいろな方向に飛んでいきがちで、報道を見ていてもいまいち問題点がつかみにくいという部分があると思います。そもそもなにが問題となっているのかを改めて整理してみました。

 

まずは何といってもその売却価格の問題。どう見ても安すぎる価格で国民の財産である国有地が売却されたことが一番の問題です。

次に、この学校の認可の問題。どういった経緯でこの学校の設立が許可され、その許可は妥当だったのかどうか。

そしてそもそもこの学校法人が抱える違法性も含めた問題。教育内容なども含めてみていきます。

そして最後にこの問題の本質。誰がどうしてこのようなことになったのか、です。

 

それぞれ別記事で見ていきたいと思います。

 

 


関連記事

政党ではなく、政治家を選ぶ政治に。

2017年06月号 vol.26

国民に選択肢を!

2017年06月号 vol.26

2016年。今年はこんな年でした

2016年12月号 vol.21

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年06月号 vol.26

カバータイトルの「私がやります!」は私の新たなキャッチコピーです。 実は、...

2017年05月号 vol.25

強行採決で衆議院を通過した「組織犯罪処罰法改正案」。 加計学園問題に新たな...

2017年03月号 vol.24

全国ほぼどこの地域でもビールの売上は7月8月が多いのに、浜松だけは4月が最...