げんまけんたろうの視点「一隅を照らす」

2015年01月号 vol.1

選挙区調整のウラ側

2015年01月19日 19:43 by gemmakentaro

 

 

2012年末に行われた衆議院総選挙では、野党がバラバラで候補者を乱立したことで自民党を利する結果となったと言われました。

私の選挙区である静岡8区も5党が乱立し、共産党以外の野党の票を足せば自民党候補よりも票数が多かったにも関わらず敗北、という結果になっていました。


今回の2014年総選挙でも、安部総理の解散の判断はこの「野党がまたバラバラ」というタイミングを狙ったことは間違いなく、野党は同じ鉄は踏まないということで維新の党と民主党は全国で候補者の調整を行うことで合意しました。

 


この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

依然下げ止まらない投票率。

2017年06月号 vol.26

いよいよ目前。静岡県知事選挙。

2017年05月号 vol.25

ネトウヨとパヨク

2017年03月号 vol.24

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年06月号 vol.26

カバータイトルの「私がやります!」は私の新たなキャッチコピーです。 実は、...

2017年05月号 vol.25

強行採決で衆議院を通過した「組織犯罪処罰法改正案」。 加計学園問題に新たな...

2017年03月号 vol.24

全国ほぼどこの地域でもビールの売上は7月8月が多いのに、浜松だけは4月が最...