げんまけんたろうの視点「一隅を照らす」

2017年03月号 vol.24

「王様は裸だ!」

2017年03月31日 22:53 by gemmakentaro

 

今月のSNS記事の中でもっともご注目頂いた記事はこちらでした。

 

「豊洲問題の犯人探し、仮想敵探しにはうんざり」(https://www.facebook.com/gemma.kentaro/posts/1516056051771743?pnref=story

 

ブログ記事の紹介ですが、Blogsにも掲載されて(http://blogos.com/article/214800/forum/)たくさんの支持とコメントをいただきました。

 

その中である方から

 

「自分は民進党議員のエントリーを支持することはめったにないが、
至極もっともな事を言っている。本来、冷静に客観的に考えれば「当たり前の話」だけれども、何故か「マスコミの世界では未だ、当たり前ではない」おかしな部分を、きちんと的確に指摘している。『王様は裸だ』ときちんと適格に声を上げてくれる政治家であれば何党であっても支持する。」

 

という趣旨のコメントをいただきました。

これは嬉しいコメントだったと同時にこの「王様は裸だといえる政治家」というフレーズが刺さりました。 

 

 

バカには見えない生地で作られた服だと言われた王様は、バカには思われたくなくて裸のままでした。いや、本当は自分はバカだとわかっていて、つまり自分には見えないんだと信じてそうしていたのかもしれません。
家来も、そして民衆も皆、バカだと思われたくなくて王様は裸だといえなかった。
みんながどこかで、「あれ?おかしいな」と思いながらも周りに流されていた時、何のしがらみも利害関係もない一人の少年が、「王様は裸だ!」と言って、ようやくまわりも「そうだ、そうだ!」と言い始めました。

この少年の姿は、本来の政治家があるべき姿ではないでしょうか。私もそういう政治家でありたいと強く思います。

これからこの言葉を大切にしていこうと思います。
コメントくださった方、ありがとうございました。


読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年06月号 vol.26

カバータイトルの「私がやります!」は私の新たなキャッチコピーです。 実は、...

2017年05月号 vol.25

強行採決で衆議院を通過した「組織犯罪処罰法改正案」。 加計学園問題に新たな...

2017年02月号 vol.23

国民の財産である国有地が驚くべき低価格で売却された問題。 巧妙に法の網をか...