げんまけんたろうの視点「一隅を照らす」

2017年02月号 vol.23

問題の本質。結局、どこに問題があるのか

2017年02月28日 17:15 by gemmakentaro

ここまで見てきたように、国有地の不適正な価格での売却の問題、学校の認可に至るまでの経緯、教育内容の問題点、などなど様々な問題点が指摘されています。

この他にも、8億円もの値引きに至った理由とされているゴミの撤去費用に関連し、そもそもそれだけのゴミがあったのか、それらが実は撤去されずに学校内の他の場所に埋められていたという業者の証言まで出てきて、裾野は広がるばかりです。

 

どこにこの問題の本質があるのでしょうか。 

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

依然下げ止まらない投票率。

2017年06月号 vol.26

いよいよ目前。静岡県知事選挙。

2017年05月号 vol.25

ネトウヨとパヨク

2017年03月号 vol.24

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年06月号 vol.26

カバータイトルの「私がやります!」は私の新たなキャッチコピーです。 実は、...

2017年05月号 vol.25

強行採決で衆議院を通過した「組織犯罪処罰法改正案」。 加計学園問題に新たな...

2017年03月号 vol.24

全国ほぼどこの地域でもビールの売上は7月8月が多いのに、浜松だけは4月が最...