げんまけんたろうの視点「一隅を照らす」

2017年01月号 vol.22

トランプ大統領就任。次々に大統領令にサイン。

2017年01月31日 16:38 by gemmakentaro

まさかの大統領選挙勝利でおおいに賑わわせたトランプ大統領。

ついに今月20日に正式に第45代アメリカ合衆国大統領に就任しました。

 

選挙期間中はとにかくその過激な言動が話題になって、「実効性がない」とか「政治をわかってない」とか「どうせ実現するはずがない」とか言われ続けてきました。

しかし、どうでしょうか。

大統領に就任してからわずか10日余の間に、14もの大統領令に署名をしています(1月29日現在)。

TPPからの離脱やメキシコとの国境の壁建設などは日本でもよく報道されていますが、その他にも製造業関係の法規制の簡素化など、様々な大統領令に署名しています(中身についてはコチラが詳しいです。トランプ大統領が署名した大統領令をまとめてみた

 

 

いや、すごいの一言です。

それぞれの大統領令の中身の是非はともかく(実際揉めに揉めまくっています)、有言実行の力がハンパではありません。

TPPからの離脱もこれまでの政治の常識で言えばそんな簡単なことではなかったはずです。しかしあっさりやってのけた。日本なにするものぞ、という感じですね。

日本は完全にやられてしまいました。

あれだけTPPにこだわってきた日本政府は、どう落とし所を見つけるのでしょうか。

 

そしてメキシコとの国境への壁建設。

いまだにメキシコ政府に建設費を支払わせると言っています。払わないなら関税を20%に上げるといい出し、もはやメキシコ政府を完全に手のひらに乗せてしまいました。

 

とにかく、選挙期間中からの言動にブレがない。

政策自体の中身にはもちろん賛否がありますが、とにかく実行力がある。

政治はやはり、結果を出すことが大事です。

とかくあちらに気を使い、こちらを立ててとやるのが政治のような感がありますが、それでは結局何も物事が動きません。

 

翻って日本は、税と社会保障制度の一体改革も、40年間抱える拉致問題解決も、4年前に約束した議員定数の削減すら実現できない情けない限りです。

私は今、浪人中でまったく結果を出すどころではありませんので、一日も早くバッジを付け、必ず結果を出す政治を行っていきます。

関連記事

肝心な議論がされなかった a.k.a.「テロ等準備罪/共謀罪」

2017年05月号 vol.25

森友学園問題に続き加計学園問題。政府は誰を守っているのか。

2017年05月号 vol.25

日本に住む日本人は幸せか

2017年03月号 vol.24

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年06月号 vol.26

カバータイトルの「私がやります!」は私の新たなキャッチコピーです。 実は、...

2017年05月号 vol.25

強行採決で衆議院を通過した「組織犯罪処罰法改正案」。 加計学園問題に新たな...

2017年03月号 vol.24

全国ほぼどこの地域でもビールの売上は7月8月が多いのに、浜松だけは4月が最...