げんまけんたろうの視点「一隅を照らす」

2016年10月号 vol.20

三笠宮崇仁親王殿下の薨去

2016年10月31日 20:56 by gemmakentaro

10月27日に、今上天皇の叔父にあたり、昭和天皇の弟にあたられる三笠宮崇仁親王殿下が薨去されたというニュースが流れました。

大正4年生まれの100歳でいらっしゃいました。

 

(写真はWilipediaから)

 

恥ずかしながらご生前のことについてあまりよく知らなかったため、薨去されてからいろいろと調べてみましたが、いろいろな側面をお持ちの殿下であったことが偲ばれます。

貴族院議員を務められていたこと、ヘブライ語がご堪能であったこと、お子様が千家にお嫁ぎになったこと、など知らないことばかりでした。

なかでも、紀元節の復活が議論された際、ご皇族でありながら考古学者・歴史学者として、神武天皇の即位は神話であり史実ではないとして強く批判し、積極的に復活反対の論陣を張られていたという記事を読み、驚きました。

 

戦中も戦後も一貫して皇族として特別扱いされることに異を唱えていらっしゃったという殿下の一面も薨去されて初めて知りました。

 

昭和がだんだんと終わっていくなという感じを受けました。

心からご冥福をお祈りいたします。

 


関連記事

「選挙の勝ち方教えます」

2016年10月号 vol.20

政治家の心無い弔電のこと

2016年09月号 vol.19

成人した子供に対する親の責任論

2016年08月号 vol.18

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年06月号 vol.26

カバータイトルの「私がやります!」は私の新たなキャッチコピーです。 実は、...

2017年05月号 vol.25

強行採決で衆議院を通過した「組織犯罪処罰法改正案」。 加計学園問題に新たな...

2017年03月号 vol.24

全国ほぼどこの地域でもビールの売上は7月8月が多いのに、浜松だけは4月が最...